2014年12月28日

そして手術

つづき

の前に、
12月16日、めでたくぼんちゃん13歳になりました。
お祝いしたいのだけど、ずーっと下痢しているため残念だけど
特になにもなし。ゴメンね

12月19日、手術日。
なんと、主人も仕事の都合をつけてもらい車で病院まで行きました。
麻酔等の承諾書、緊急連絡先、手術後の連絡先など書きぼんちゃんとはお別れ。
手術後の様子をみて、今晩帰れるか判断しますとのこと。

私はこのまま仕事へ。
仕事中はドキドキしながら、仕事に集中したいと思いながらも・・・・
でもあっという間に終業時間となり病院へ。

病院到着
先生 「元気にしてますよ。もう歩いてますよ。あっていってください。」

と、いうことでぼんちゃんとご対面。

でも、なんか元気ない感じ。寝起きだからかな?
ゲージから出してもいいとのことなので、出してみる。
ぼんやりしてるし、眠たいのかなとおもいつつ、先生に
私  「なんかあんまり元気ないように見えるんですけど。」
先生 「手術のあとですから疲れてますよ。でも元気なほうです。」

そらそうだわね。手術のあと半日で歩いてるんだからすごいよね。
そして、先生から手術の説明を聞きました。
腫瘍は破裂しかけていたこと。
脾臓は摘出したこと。
見える範囲で転移はないとのこと。
腫瘍は病理検査に出しますので、結果でましたら連絡しますとのこと。

ぼんちゃんの摘出したものです。(グロテスクですので閲覧注意)

001.jpg

先生  「今日連れて帰れますよ。」
私   「電車で来ているので、足がないんです。今日病院に泊めてもらえませんか?」
先生  「そしたら私が送っていきましょう。」
私   「ちょっと遠いんですが。」
先生  「かまいませんよ。ぼんちゃんも自宅のほうが落ち着くでしょう。」

ということで、私は先に病院をあとにして、ぼんちゃんの帰りを自宅で待ちました。
そして、ぼんちゃん自宅に帰ってまいりました。

つづく

posted by たかっち at 10:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。