2014年12月28日

そして手術

つづき

の前に、
12月16日、めでたくぼんちゃん13歳になりました。
お祝いしたいのだけど、ずーっと下痢しているため残念だけど
特になにもなし。ゴメンね

12月19日、手術日。
なんと、主人も仕事の都合をつけてもらい車で病院まで行きました。
麻酔等の承諾書、緊急連絡先、手術後の連絡先など書きぼんちゃんとはお別れ。
手術後の様子をみて、今晩帰れるか判断しますとのこと。

私はこのまま仕事へ。
仕事中はドキドキしながら、仕事に集中したいと思いながらも・・・・
でもあっという間に終業時間となり病院へ。

病院到着
先生 「元気にしてますよ。もう歩いてますよ。あっていってください。」

と、いうことでぼんちゃんとご対面。

でも、なんか元気ない感じ。寝起きだからかな?
ゲージから出してもいいとのことなので、出してみる。
ぼんやりしてるし、眠たいのかなとおもいつつ、先生に
私  「なんかあんまり元気ないように見えるんですけど。」
先生 「手術のあとですから疲れてますよ。でも元気なほうです。」

そらそうだわね。手術のあと半日で歩いてるんだからすごいよね。
そして、先生から手術の説明を聞きました。
腫瘍は破裂しかけていたこと。
脾臓は摘出したこと。
見える範囲で転移はないとのこと。
腫瘍は病理検査に出しますので、結果でましたら連絡しますとのこと。

ぼんちゃんの摘出したものです。(グロテスクですので閲覧注意)

001.jpg

先生  「今日連れて帰れますよ。」
私   「電車で来ているので、足がないんです。今日病院に泊めてもらえませんか?」
先生  「そしたら私が送っていきましょう。」
私   「ちょっと遠いんですが。」
先生  「かまいませんよ。ぼんちゃんも自宅のほうが落ち着くでしょう。」

ということで、私は先に病院をあとにして、ぼんちゃんの帰りを自宅で待ちました。
そして、ぼんちゃん自宅に帰ってまいりました。

つづく

posted by たかっち at 10:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

そして検査

つづき

先生から、「腫瘍のようなもの」を見つけていただいてからは、
パソコンで調べまくりました。
たしか、脾臓って言ってたよな・・・。
悪いことばかり出てくる出てくるー。

そして、12月14日朝一、病院へ行きました。
この日は半日預からせてくださいと、事前に言われていたので、
昼頃迎えにくるということで一旦帰りました。

検査内容は
血液検査、スクリーニング(エコー?)、血管造影などです。

そして、昼前病院へ
先生 「検査の結果、やはり腫瘍があります。
    場所は脾臓です。
    今この段階では、良性か悪性かはわかりません。
    血液検査の結果では、貧血はありませんが、肝臓の数値がよくありません。
    薬で肝臓の数値を下げてから考えてもいいと思いますが、何かお考えがありますか?」

私  「先生に腫瘍を見つけていただいてから、いろいろ調べてみました。
    それって、悪性の場合が多いとネットでみました。血管肉腫とか・・・
    手術は早くしたほうがいいと思うのでよろしくお願いします。」

先生 「悪性かどうかは、病理検査をしないと本当にわからないのですよ。
    では、手術のできる日調べますね。
    今年は12月19日しか空いてませんが、どうしますか?」

私  「19日にお願いします。」
主人 「おれ仕事休まれへんで!どうやって病院までくるねん!」
   (自宅から病院まで約4キロ)
私  「なんとかする。仕事半日休むわ」

先生 「では、手術前の準備説明をしますから少しお待ちください」

待ってるあいだも、夫婦であーだこーだ言ってました。
ということで、19日手術となりました。

つづく
    

    

posted by たかっち at 21:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼんちゃんの下痢

超ー、久しぶりです。

せっかくブログあるのに、ほったらかしで意味ないよね!
やっぱり、ぼんちゃんとの生活をちょっとだけでも記録しとこ!

ということで、
この3年間、ぼんちゃんは元気で過ごしていましたよ。
ちょっとさかのぼりますね。

12月5日頃から、下痢をしだす。ちょっと様子をみました。

12月8日、下痢が治まらないので病院に行く。
先生 「何か普段食べないもの食べましたか?」
主人 「もしかしたら、拾い食いしたかも」
私  「エッ!聞いてないよ!」
先生 「ウンチ検査してみましょう」
     ↓
    検査中
     ↓
先生 「ウンチはべつに問題ないですね。」
そして、ぼんちゃんおなかまわりを触診していただきました。
先生 「おなかは痛くないみたいですね。ん!これは・・・・。
    ちょっとレントゲンとらせてもらえませんか!
    胃の下くらいの所になにか・・・。気のせいかもしれないですけど」
私  「はい」

ぼんちゃん検査のあいだ、私たちは待合室で待機中。

そして、名前を呼ばれて先生の所へ。

先生、レントゲンを見ながら、ここに(胃の下)、この丸く写っている腫瘍みたいなものがあります。
脾臓か腎臓のあたりです。大きさは7pくらいです。
そんなに大きいの!ビックリです。
そして先生に、近いうちに詳しく調べたほうがいいので、また来てください。と言われ、
この日は、下痢止めの薬をいただいて帰りました。

つづく

posted by たかっち at 10:33| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。